顔汗が止まらない!その4つの原因と3つの対策を大公開!

顔に汗を掻いて暑そうな女性

 

厄介な顔汗には様々な原因があげられています。 また、原因によって解決方法も異なります。

 

いろいろ顔汗対策を試してみても、なかなか効果が出ないという方は、原因の確認を逃してしまっているのかもしれません。

 

あなたの顔汗がどんな原因からきているのか。 それぞれの特徴や改善策をまとめていきましょう。

 

 

1.運動不足

運動を嫌う女性

 

汗をかくときに体はそこまでなのに顔だけ汗がすごい…という方は運動不足が原因にあげられます。

 

顔は日常生活で動かす機会が多く、運動不足の方でも発汗機能が落ちにくい部位です。

 

なおかつ運動不足が続くと新陳代謝が落ちて体の発汗機能が鈍ってしまいます。 そうなると一度にかく汗量が顔の発汗へ集中してしまうのです。

 

解消方法は、こまめに運動し汗を流すことです。サウナや岩盤浴で全身発汗するのも良いでしょう。

 

中でも心臓から遠い下半身は発汗機能が鈍りやすいので、足を動かす有酸素運動がおすすめです。

 

デスクワークなどでなかなか運動する機会がない方はジョギングやウォーキングなど運動する習慣をつけるようにしましょう。

 

2.ホルモンバランスの乱れ

女性に多くみられる顔汗の原因としては更年期障害などのホルモンバランスの乱れがあげられます。

 

更年期障害などで女性ホルモンが減少すると自律神経を乱れ、発汗の原因につながります。

 

解決策は女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取することです。

 

女性ホルモンを増やす大豆には髪や肌状態をよくするなどの女性に嬉しい効果がたくさんあります。

 

納豆・豆腐などの大豆食品を日々の食事に取り入れるように心がけましょう。

 

3.緊張などの精神的な発汗

緊張で顔に汗を掻く女性

 

緊張や不安は自律神経を乱し、発汗を促します。 「冷や汗をかく」という言葉がありますが、体が熱くなくても精神的な理由で汗をかいてしまう状況です。
そのために緊張しやすい・心配性の方などは顔汗などの発汗が多い傾向にあります。

 

また、顔汗をかいてしまったときに意識しすぎると発汗を促してしまう原因につながります。汗をかいたこと自体気にしすぎるのもよくありません。

 

解決策はリラックスする習慣をつけることです。

 

お風呂の時間や寝る前など自分がゆっくりとリラックスできる時間を少なくとも毎日1,2時間確保するようにしましょう。

 

また、適度な運動は自律神経を整えるのに適しています。帰り道に少し歩くことを意識するだけでも心身ともにリラックスできます。

 

好きな音楽聴いてみたり、アロマを活用するのもいいでしょう。

 

4.肥満などの体質的原因

体質的原因としては肥満や遺伝による多汗症があげられます。

 

肥満や遺伝的多汗症の方は食生活の見直しと適度な運動が改善につながります。

 

油っぽいものや香辛料の多いもの、味付けの濃いものは控えるようにしましょう。 また、カフェインなどの取りすぎも自律神経の乱れにつながるので注意してください。

 

体質的原因はなかなかすぐには解決できない問題ですが、生活習慣の見直しは最も根本的で重要な解決策です。

 

毎日を健康に過ごすことを意識すれば改善していくでしょう。

 

それでも止まらない異常な汗は?

顔汗の原因と解決策をまとめていきましたが、それでも自分の原因がわからない、又は改善しないという方は、病院で一度診てもらうことをおすすめします。

 

異常な顔汗は病気のサインである可能性もあります。

 

運動後の汗のようなサラサラな汗なら気にする必要はほとんどありませんが、ベタベタとした脂っぽい顔汗が多く出るときは要注意です。

 

なかなか解決できない場合は、無理に自力で治療せずにまずは病院で診てもらうと安心です。

 

生活習慣が一番重要!

顔汗のいろいろの原因をあげてきました。

 

原因は人によってそれぞれですので、自分に当てはまる原因要素を確認してみてください。

 

また、すべての原因で共通して重要なのは運動と食生活です。

 

多くの体の不調に生活習慣の改善が取り上げられるように、顔汗の問題も同様です。

 

顔汗の改善と健康のためにも適度な運動と食生活は気にするようにするといいでしょう。

 

今すぐ止めたい顔汗!手軽に止める方法おすすめ3選

指を立ててポイントを示す女性

 

お化粧をする女性にとっては顔汗は大きな悩みのひとつになります。

 

汗をかきやすい方は気が付いたら、顔汗でメイクがドロドロ…ってこともありますよね。

 

顔のテカりや化粧ノリの悪さの原因にもつながります。 今回はそんな顔汗を簡単に止める方法を紹介しましょう。

 

1.制汗剤を使ってみる

近年、制汗剤は多様化しており、顔用の制汗剤も発売されています。

 

普通の制汗剤でも代用できますが、顔は皮膚も薄くデリケートな部分なので、なるべく顔用制汗剤を使用することをおすすめします。

 

顔用では塗り薬タイプの制汗剤が最もポピュラーです。

 

塗り薬タイプの顔汗対策クリーム

顔汗対策クリームを手に持つ

 

薬の中には汗腺を引き締めフタをするような作用(収れん作用)を働かせる成分が含まれています。

 

クリーム・ジェル状になっており、化粧前などに塗るだけでいいので使いやすさも抜群です。

 

このタイプで特に名前があがっているのが「サラフェ」という制汗剤です。

 

顔汗予防クリームサラフェ

 

サラフェはクリーム状になっており、化粧前にも化粧直しの際にも使用可能です。 顔汗を約40%もカットするといわれるサラフェは口コミでも好評で話題となりました。

 

効果の持続性は個人によって異なりますが、長い人では朝塗ってから夕方まで顔汗が気にならなくなった方もいるようです。

 

また、使用を続けていると徐々に顔汗をかきにくくなったとの声もあがっています。

 

合成香料などは使っていないので敏感肌の方も安心して使用できます。

 

60日間返金保証!顔汗対策なら「サラフェ」詳細はコチラ!

 

 

顔汗対策に人気の飲み薬とは?

もう一つの制汗剤としてあげられるのが飲み薬タイプです。

 

飲み薬は多汗治療のため病院などでも処方されるプロバンサインが有名です。

 

こちらは顔汗だけでなく全身の汗を抑制する薬で確実な効果を実感することができます。

 

用法用量を守れば体に害はありませんが、全身の汗を止めるために火照りなどの副作用もあります。

 

使用はどうしても汗をかきたくない場面などに限定して使ってみると良いでしょう。

 

2.舞子さん式顔汗対策

顔に白粉を塗り着物を身に着けて町を歩いていても、化粧崩れもなくいつも美しい舞子さん。

 

そんな舞子さんには半側発汗(皮膚圧反射)を利用した顔汗対策が広く伝わっています。

 

半側発汗とは人体の上下左右どちらかを圧迫すると半側から発汗、もう半側は汗を止める人体反射です。

 

これを利用し、顔に汗をかけない舞子さんは脇の下・バストの上あたりに紐やベルトを縛り、顔汗を防いでいるのです。

 

汗止め帯・汗止めベルトと専用の商品もでているので気になる方はチェックしてみてください。

 

締め付けるので苦しく感じる方や圧迫部分がカブレてしまうなどの可能性があるのが難点です。

 

しかし、誰でも簡単にできる・低コストで続けられるので手軽さではピカイチな方法です。

 

3.冷却シートなどを活用する

汗は首の後ろなどの血が多く流れる部位を冷やすと一時的に止まります。

 

通勤途中や仕事中など短時間で顔汗を止めたいときに便利な対策方法です。

 

また、暑いときに体を冷やすと心地よさを感じます。 このときリラックスできれば、精神的な焦りからくる顔汗も防げます。

 

効果は一時的ですが、一度出てきた汗はなかなか自力では止められませんので、応急処置として冷却グッズを持っておくと良いでしょう。

 

試しやすい対策方法から

上記にいくつかの対策方法をまとめてみました。

 

負担になる方法を選ぶとますますストレスとなり、汗を増やす原因になる可能性があります。 まずは試しやすい方法を試してみてください。

 

もちろん、こまめに汗ふきシートやハンカチなどで汗を拭き取るのも肝心です。 夏場は顔汗対策グッズをいろいろ持ち歩いていると汗に対する不安も少なくなりますよね。

 

一定期間試してみて、効果が出ない・合わないと感じた時は次の方法を…とひとつひとつ試していきましょう。

 

汗は身体の作用として大切なことです。 顔汗の問題は無理なく続けられる方法を選びましょう。

 

外出の機会が多く、即効性が欲しいという方は、やはり顔汗対策のクリームがお手軽です。

 

返金保証もついてるので、まずは試しに使ってみてはいかがでしょうか?

60日間返金保証!顔汗対策なら「サラフェ」詳細はコチラ!